数多く存在する議会用語について解説しています!

​青色の文字をクリックすると、より詳しく解説したYouTube動画をご視聴いただけます!

委員会とは、議題の審査等を行う、議会内の小グループ。⇔本会議

委員長とは、各委員会の長。

一般質問とは、行政に対して自分自身の政策を提案できる、数少ない機会。

会派とは、目指す方向性を同じくする政治家の小グループ。

議会運営委員会(通称:議運)とは、議会中の話し合い方を話し合う、地方議会の要となる委員会。

議会提要とは、各議会のルールブック。

議決事件とは、行政が議会に付さなければいけない案件のこと。

議長とは、その議会の長のこと。

休憩とは、議会の議事が停止すること。逆に、休憩中の会話は議事録に記載されない。

​検討とは、実施の方向で動き始めることを意味する行政的な言い回し。

事前審査とは、議案に関して、議会や委員会で審査する前に審査してしまう、禁止行為。

質疑とは、議会用語では「質問」と区別され、自分の政策的立場を含まない事実の確認を指す。

常任委員会とは、議案の審査を主な旨とする常任の委員会。

全員協議会(通称:全協)とは、重要なことを話し合うために、議員全員で行われる会議。

行政が議決事件のうち、法律や条例に従って、議会に付す前に行った処分。

総合計画とは、そのまちの未来を書き記された、最上位の行政計画。

通告とは、議会において、発言前に趣旨を伝えておくこと。

定例会とは、各地方議会の定例会議。⇔臨時会

動議とは、議会において、イレギュラーな対応を提案すること。

討論とは、現代の地方議会においては意見表明の意味が強い。

特別委員会とは、特定の事象を協議するために作られた委員会。議員のプロジェクトチーム。

副議長とは、その議会のナンバー2。

本会議とは、各地方自治体議場で行われる、正式な議会。⇔委員会

予算とは、年度ごとのお金の予定。

臨時議会とは、定例会とは違い、臨時で行う議会。

Please reload

 
Please reload