50年後100年後を見据えて

グリーンでスマートな流山へ

人と自然が共存する、みどり豊かなまちづくりを計画します

森林河川はみんなで守っていきたい、憩いの場所です。みどりを保全するため、制度的解決策を打ち出します。特に、市民の想いで守られてきた、県立市野谷の森公園は早期実現を目指します。

市民の想いに立脚した、わかりやすい行政を目指します

流山をひとつにするには、市全体の一体感が鍵となります。コーポレートアイデンティティ(まちのあるべき姿)制定を実現し、各行政計画と連動させ、流山の政策を、わかりやすく系統化していきます。

ICTを活用した、まったく新しい行政運営に挑戦します

行政のオープンデータを推進するとともに、情報のアーカイブを考え、最先端の取り組みに挑戦します。GIS(電子地図)やRPA(自動化)などを駆使した具体的な施策を提案し、行政の効率化を図ります。

安全で快適な交通のネットワーク化を推し進めます

交通政策に注力し、誰もが楽に移動できるまちを作ります。快適な公共交通を整備し、歩行者や自転車も安心安全な道を敷きましょう。つくばエクスプレス8両編成化や初石駅改札整備もなどの実現を目指します。

大人にも子どもにも大切な、流山の文化を盛り上げます

学ぶとは素晴らしいことです。子どもの教育にも、大人の教養にも、重要な行事やお祭りをさらに盛り上げます。また、子どもたちが毎日、笑顔で学校に通うようなまちを目指し、多種多様な提案を行います。

Copyright© Hiroki Noda All Rights Reserved.